精子提供者である「父親」に養育費賠償命令(米国)

米カンザス州で同性愛の女性カップルに精子を提供した男性が、生まれた子どもの養育費負担を命じられ、州当局と法廷で争っている。

カンザス州トピカに住むウィリアム・マロッタさんは2009年、インターネット上の情報サイト「クレイグリスト」で、精子提供者を募るレズビアンカップルの広告を見かけ、自身の精子3カップ分を無料で提供した。「私は遺伝物質を提供しただけ。それで終わり」(マロッタさん)のはずだった。

女性の1人は妊娠し、女の子を出産。ところがその後、このカップルが関係を解消し、一方の女性が体調を崩して働けなくなったことから州に生活支援を申請した。これを受けて州当局はマロッタさんに、今は3歳になった子どもの養育費として6000ドル(約52万円)の支払いなどを命じたという。

マロッタさんは、精子の提供に当たり、生まれた子どもに対する金銭的責任は負わないとする契約書を交わしたと説明した。しかし州当局からは、医師が介在していないことを理由に、契約は無効だと告げられたという。もし医師が人工授精をしていれば、マロッタさんが単なる精子提供者であって、子どもの母親と交際していなかったことを文書で証明できる。しかしそうでない場合、カンザス州の州法ではマロッタさんが父親とみなされる。
CNNco.jpより引用

アメリカ合衆国カンザス州におけるレズビアンカップルへの精子提供の事例です。

この記事を読む限りでは、カンザス州においては「医師の人工授精」という事を文書で証明できれば、「精子提供者」のそれ以上でもそれ以下でもない存在で済むのですが、それがなければ「父親」としての義務を負う事になるようですね。

カンザス州は同性婚を認めていないので、州当局の判断はそういった背景もある可能性もあるようです。

日本もそうですが、LGBTの先進国でもなかなか画一的な法整備をするのは現状難しいようですね。

(平成26年10月8日)

aratama