性別変更を原因としたゴルフクラブ入会拒否は違法判断

性同一性障害で戸籍の性別を男性から女性に変えたことを理由に、会員制ゴルフクラブへの入会を拒否されたとして、静岡県内の会社経営者(59)が、同県西部のクラブと運営会社に計585万円の損害賠償を求めた訴訟で、静岡地裁浜松支部は8日、クラブと運営会社に110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

古谷健二郎裁判長は、入会の拒否は「(『法の下の平等』を定めた)憲法14条の趣旨に照らし、社会的に許容しうる限界を超えるものとして違法」と指摘。「原告は人格の根幹部分にかかわる重大な精神的損害を被った」とした。

判決によると、会社経営者は2010年に性別を変更。12年6月、クラブに入会を申し込んだが、性別の変更を理由に拒否された。クラブ側は、入会を認めた場合、浴室などを使う他の女性会員らが不安感を抱き、クラブ運営に支障が生じると主張したが、判決は「危惧するような事態が生じるとは考えがたい」と退けた。
読売新聞より引用

 

司法の世界でも、性同一性障害による性別変更について、どんどん理解が進んできていますね。

裁判の詳しいところまでは分かりませんが、性同一性障害の性別変更については、厳格な要件をクリアして、裁判所に認められての性別変更になりますので、戸籍上の性別変更以外でも社会的な不利益を受ける事はあってはなりません。

これからもこういった訴訟が増える事が考えられますが、少しづつでも日本社会が受容していくといいですね。

(平成26年9月9日)