性同一性障害(FTM)も性別変更で「父」となる

性同一性障害の方でも性別変更後婚姻をし、特別養子縁組をすれば、法的に(戸籍上)「父母」になれます(「性別変更後特別養子縁組」)。その他に、性同一性障害(FTM)で性別変更して男性になり、一般女性と結婚、第三者の精子提供により出産した場合、民法の嫡出推定によりそのまま性別変更した男性が「父」とする最高裁判決があります。

性同一性障害のため女性から性別を変更した兵庫県宍粟市の男性(31)と妻(31)が、第三者の精子提供による人工授精で妻が産んだ長男(4)の戸籍上の父親を男性と認めるよう求めた家事審判で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は10日付で、申し立てを却下した一、二審の判断を覆し、父親と認める決定をした。「妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する」とした民法の規定(嫡出推定)が適用されると判断した。
性同一性障害のため性別変更した男性と妻の子の戸籍に、男性を父親として記載することを認めたのは初めて。裁判官5人中3人の多数意見で、大谷裁判長と岡部喜代子裁判官は、嫡出推定されないとする反対意見を述べた。
引用:時事ドッコム2013/12/11

母子関係は事実上分娩(=出産)によって発生しますが、「父」については異なります。
民法について以下の条文があります。

<民法772条>
1.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2.婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

つまり最高裁は民法772条の1「結婚後に妊娠した子は、夫の子と推定する」という条文を適用し、第三者からの精子提供であっても、この推定規定が働き、夫を「父」と認定しました。

最高裁判事でも賛成3反対2という微妙な判決でしたが、これで戸籍上の「父」と認められる事になりました。